ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

カレンダー

2020年12月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2021年1月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※赤字は休業日です

純米酒

42件の商品がございます。
  • NEW

大天狗 純米生貯蔵酒 300ml

販売価格(税込): 506
純米生貯蔵酒
数量:
  • NEW

智恵子の花霞 純米酒 720ml

販売価格(税込): 1,870
優しくふくよかな香りと、柔らかな甘みと爽やかな酸味が心地よく調和するやや辛口タイプ。
数量:
  • NEW

もとみや 純米酒 720ml

販売価格(税込): 1,320
ふくらみのある芳醇な香りが心地よい、淡い琥珀色の辛口の純米酒です。
数量:

國権 「てふ」 純米生貯蔵酒 720ml [福島県南会津郡]

販売価格(税込): 1,540
丸く穏やかで可憐な香りが口内にひろがり、ソフトで柔らかい舌触りが後を追います。
赤身の刺身など相性もよく、冷で飲まれるのがおすすめです。
※『てふ』…てふてふ→蝶々→蝶(ちょう)。蔵のある会津田島には、国蝶の第一候補である『オオムラサキ』が6月〜7月位まで発生、生息しています。蝶のような優雅さと“期間限定”という意味を掛けているのです。
数量:

国権酒造 福島県 純米 生貯蔵酒 てふ」 1800ml 化粧箱入り

販売価格(税込): 3,080
丸く穏やかで可憐な香りが口中に広がり、ソフトで柔らかい舌ざわりが後を追います。
低温熟成された芯のある、しかしながら軽く適度に酸味ののった味わいです。
冷でどうぞ。 数量限定商品です。 赤みの刺身などの料理と相性が良いです。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

奥の松 特別純米 1.8L

販売価格(税込): 2,508
「奥の松特別純米1.8L」は、安達太良山の伏流水と福島県産米を使用し、奥の松ならではの特別配合による酵母で醸した特別純米酒です。
おだやかな香りと深いうまみ。飽きのこない味わいは、燗をしても楽しめます。
数量:

大木代吉本店『自然郷 藁入』720ml

販売価格(税込): 1,496
軽快さを持たせつつ、
米の旨みをより一層引き出すようにゆっくりと時間をかけてもろみを醸して造り上げた純米酒。
フルーティな香りを感じさせつつ、まろやかな味わいに仕上げています。
本商品は「自然郷」の誕生時から使用している「藁入り」のパッケージデザインになります。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

夢心酒造 夢心 純米酒 720ml

販売価格(税込): 1,320
会津の地酒 贈答用 化粧箱入り いい米、いい水、いい酒を醸す喜多方の夢心酒造 720ml

明治10年創業(1877年)創業。
いい米、いい水、いい酒を醸し出す、蔵の町喜多方の蔵元です。
福島県ブランド認証産品。
純米酒にもかかわらずすっきりとした味わいで、冷やして、ぬる燗で、食中酒として最適です。
ぬる燗にすると純米酒ならではのほのかな香りが感じられます。
数量:

名倉山酒造 純米酒月弓 720ml

販売価格(税込): 1,375
平成22年 全国新酒鑑評会「金賞受賞」の蔵元
全国日本酒コンテストグランプリ受賞酒。華やかさとふくよかさを併せ持つ調和の取れた飲みやすい純米酒です。
数量:

名倉山酒造 名倉山 会津純米酒 赤瓦 720ml

販売価格(税込): 1,155
大正6年(1917)創業。
東北鑑評会で17年連続受賞するなど、東北はもとより全国で高い評価を受けている名倉山酒造は、会津魂を今に伝える志の高い蔵です。
会津若松のシンボル鶴ケ城天守閣が赤瓦に生まれ変わることを記念し造られたお酒。
厳しい寒さの中での低温発酵により、ほどよい酸味ときれいな甘さとが調和した純米酒。
数量:

名倉山酒造 名倉山 上撰 純米酒 冷美月弓 300ml

販売価格(税込): 517
あえて冷たく、さらに美しく。
その酒味を「清楚な美女を思わせる」と評された名倉山純米酒・月弓の300mlサイズです。
きりりと冷やしてお楽しみください。
数量:

榮川酒造『純米酒』1800ml

販売価格(税込): 2,176
会津産米を全量使用。
米の旨さと穏やかな酸味が口当たりが柔らかな磐梯の名水と調和し、まろやかで膨らみのある味わいです。
数量:

末廣 伝承山廃 純米 1800ml [福島県]

販売価格(税込): 2,310
明治末期より創始者直伝の山廃純米酒
明治末期に山廃造りを創始した嘉儀金一郎氏が、大正初期に試験醸造したのが末廣酒造嘉永蔵。
当時から伝承される末廣の嘉儀式山廃造り。酸味と甘味が入り混じるバランスよい山廃純米酒です。
数量:

笹の川 純米酒(720ml)

販売価格(税込): 1,320
甘味は控えめ、その分酸の旨味が引き立つ。
さらに後半では苦味もより感じるが、この苦味はコクを与えるよりはむしろシャープに全体を引き締める。
香りもクリーミーにまとまっている。
数量:

吉の川酒造 吉の川 純米酒 手造り 720ml

販売価格(税込): 1,430
喜多方市にある吉の川酒造店。米はほとんど地元の米を用い、それを自家精米する。もちろん水は飯豊山の恵み、豊かな伏流水。
明治、大正時代に造られた蔵では、ほとんどの工程が昔ながらの手法で行われる。
契約栽培で作られた低農薬の五百万石を原料にしており、清酒鑑評会に2年連続入賞するなど評価が高い。
数量: